社長挨拶

次の百年も、みなさまのお役に立てる会社であり続けられるよう。

ジェイエックという社名の英文表記は、Japan Asphalt & Energy Corporation です。文字通り「日本におけるアスファルトおよびエネルギーの総合商社」を目指して命名しました。

当社は、2019年に創業100周年を迎えます。

当社は、1919年(大正8年)、日本石油(現JXTGエネルギー)の石油製品販売特約店「中西瀝青株式会社」としてスタートしました。以来、アスファルトの販売を軸に、日本経済や人々の生活になくてはならない道路舗装および建築防水用アスファルトの販売を通して日本のインフラ整備を常に支えてまいりました。

アスファルトはとても優れた素材で、日本の道路舗装のほとんどに使われています。道路輸送網の新設が急がれたこれまではもちろんのこと、安全の維持や早急な補修・復旧が重視されるこれからも、ますます欠かせない資材であり続けるでしょう。アスファルトは、石油化学製品の中でも、その役割が将来にわたって期待される商品の1つといえます。

私たちは、アスファルトの全国商社として、これからも日本の道路資材および建築防水のインフラを支えてまいります。さらに、多様な石油製品販売の総合商社を目指していきます。

一方で、創業100周年の節目を前に、エネルギーの多様化に対応するため、電気関連事業に本格的に参入します。
従来の高圧受電設備の24時間監視装置、LED照明の販売に加え、新電力の販売に重点を置き、お客様の省エネ・コスト削減のお手伝いをしていきます。

百年という長いスパンで事業を続けることができたのは、アスファルトの販売特約店という、長く社会に必要とされるインフラに関わるチャンスをいただけたからだと思います。
社業に精励することを通じて社会に貢献する。これは今も変わらぬ創業時からの理念です。次の百年に向けて、これからもみなさまのお役に立てる会社であり続けられるよう、基幹であるアスファルト販売事業に励むことはもとより、新たなビジネスチャンスにも果敢に挑んでまいります。

株式会社ジェイエック
代表取締役社長 山腰正大

▲PAGE TOP